2016年12月31日

自宅の解体




大みそかの今日、書きかけの記事の続きを・・・





熊本地震で全壊となった我が家





私の勤める会社に解体を依頼し、結局自分で解体することになりました。





瓦をはいだとこまで記載していましたが、その後・・





ちょっとおさらいで音楽室にピアノがあったとき
2.jpg





ピアノが避難し
5.jpg





音楽室から解体開始
9.jpg





その時の玄関
PB200383.jpg





床板も剥がされ
PB200384.jpg





床下を見ると、亀裂が走り液状化で噴き出した砂が大量に堆積していました。
PB200386.jpg





屋根板も剥がし
PB200401.jpg





音楽室
PB200405.jpg





上から見ると
PB200414.jpg





本格的に解体作業(重機オペレーターは私)
PB220454.jpg





屋根裏に神社のお札が貼り付けてありました。(大事に保存)
PB220463.jpg





こういうのは普通に公費解体の業者とかは処分しちゃうんだろうな・・・





自分で解体してよかったと思いました。





南側撤去完了
PB220471.jpg





残るは玄関のみ
PB240482.jpg





全部倒し終わりました。
PB250503.jpg





その後基礎の撤去
PB260522.jpg





これで解体完了です。
PC010591.jpg





いったん撤収しました。





数日後、会社に頼み壊れたブロックの復旧と整地の作業を開始。





これも結局自分でやっちゃいました。





まずはブロック積み
PC150683.jpg





そして整地
PC170698.jpg





完了です
PC170705.jpg





竣工
PC190708.jpg





ジャングルだった庭は完全な更地になってしまいました。





オオルリ・コルリ・キビタキ・クロツグミ他たくさんの野鳥がやって来ていた庭、





しょんなかな〜





おまけ





解体前のなつかしい我が家
PB019996.jpg





壊したばかりなのに、もう懐かしく感じるとは・・・





家族みな寂しく感じているようです。





ぼちぼち住宅展示場にでも見に行ってみますか!





posted by こらどうし at 22:33| Comment(0) | 写真日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。